このページではJavaScriptを使用しています。

MITSUBISHI MOTORS  トップページへ

クルマの学校

top

concept

school

lesson

drive


万が一の急ブレーキでもABSで安全に

あなたは急ブレーキをかけたことはありますか?
急ブレーキをかけたとき、ABSが装着されているといないでは大違いです。
安全なブレーキングとABSの効果についてレッスンしておきましょう。

音と振動に驚かず、しっかりとブレーキを踏み続けよう

最後までしっかりと踏み続けて

しっかりと踏み続けることが大事

ABS(アンチロックブレーキングシステム)とは、急ブレーキや、滑りやすい路面でブレーキをかけたときに、タイヤロックによるスリップを防止して、安定した車体姿勢の確保、ハンドル操作による障害物の回避を容易にするブレーキシステムです。ABSが作動するとブレーキペダルに「独特な音と振動」が伝わる場合があります。これに驚いてブレーキをゆるめてはいけません。最後までしっかり踏み続け、回避操作を行ってください。ABSは制動距離を短くするためだけの装置ではありません。路面状況によっては、ABS非装着車より制動距離が長くなる場合もあるので、車間距離を十分に取ることを心がけましょう。

 
(c)2007 Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.