このページではJavaScriptを使用しています。

MITSUBISHI MOTORS  トップページへ

クルマの学校

top

concept

school

lesson

drive


運転姿勢ひとつで、いろんな影響が

運転姿勢は、快適なドライビングのための基本項目です。
正しい運転姿勢は、疲れない、安全視界が保てて危険を早く発見できるなど、
良いことがたくさんあります。
また、運転操作が迅速になり、スポーティな走行にも効果的です。

正しい運転姿勢を身につけよう

1、腰 座席には深くしっかり座りましょう。 2、足 ブレーキペダルをいっぱいに踏み込んでも膝が軽く曲がる程度に。 3、背中 ハンドルの頂点(いちばん遠いところ)を両手で握って、背中が離れない角度にシートを立てて、ひじに少し余裕がある程度に。 4、シートベルト ねじれやゆるみのないように、腰の位置でしっかりと締めましょう。

ハンドルに近過ぎるとミラーが見えにくいなど視野が狭くなり、遠過ぎると的確なハンドル操作をしにくくなります。 また、いざというとき、背中が背もたれから離れてしまい体が不安定になります。

シューズ

「運転」は、ただ座っているのとは違います。ペダルの操作やとっさに体を支える場合、ヒールやサンダルでは危険です。かかとの低いスニーカーやドライビングシューズが良いでしょう。

 
(c)2007 Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.