このページではJavaScriptを使用しています。

MITSUBISHI MOTORS  トップページへ

クルマの学校

top

concept

school

lesson

drive


「クルマの学校」イベントレポート

今回の「クルマの学校」は千歳本店で、エコ編を行いました。
午前、午後の2回の講習で、合計34人の方が参加しました。

北海道千歳市上長都963番地の4
TEL:0123-26-2289

千歳本店スタッフがみなさまのご来店をお待ちしております!
道内最大規模の広いショールームに
ちびっこコーナーやゆったりとくつろげるテクニカルサロンを常設。
お客様に素敵なカーライフをご提案できるよう、
スタッフ一同、お客様のご来店をお待ちしております。

開校式。「クルマの学校」校長の熊沢講師と、自動車生活ライター飯田裕子講師の自己紹介。

温室効果ガスの増加による「地球温暖化のしくみ」と、エコドライブの必要性、自動車メーカーの取組みをわかりやすく説明します。




エコドライブにもかかせない、正しい「運転姿勢」。丁寧な、アクセルとブレーキ操作で燃費が良くなります。また、アクセルを踏む量を減らすとCO2排出量も減り地球に優しい運転ができます。

運転操作による燃費の違いを、計測器を使い確認します。ラフな運転とスムーズな運転とのとの違いを熊沢校長がデモ走行。300メートルのコースで約2.2~3.7km/Lの差が出ました。

車内でデモ走行を同乗体験した方は「ラフな運転より、スムーズな運転の方が滑らかにクルマが動き、乗っていて楽でした」。
運転した熊沢校長から「燃費の違いは、アクセルを踏んでいる時間の差、スムーズ運転のアクセルは踏んでいる時間が約半分。早目のアクセルOFFがポイントです」とアドバイス。

続いて、電気自動車i MiEV(アイミーブ)について、MiEV事業推進室の堤講師より、車両の説明。

「家庭用のコンセントを使用し、100Vで14時間、200Vで7時間で充電ができます。走行中はCO2を排出しない地球に優しいエコカーなんですよ」

続いて、「クルマの学校」恒例の「発炎筒体験」。初めて体験する方が多く「良い体験が出来た」とみなさん。

講習の最後のペーパーテストではエコドライブの問題も含まれます。

【問題】 エコドライブの為に、上り坂もできる限りギアを高めしている・・・答えは×。

高めのギアはエンジンに負荷がかかり燃費が悪くなります。最適なポジションを維持してくれる「Dレンジ」が良いでしょう。

みなさんで、効果のあるエコドライブについて話し合いました。

「エコドライブを心がけながら、周りのクルマに合わせ、安全運転をすることが大切です」と熊沢校長。

北央三菱自動車販売 千歳本店山田店長より「楽しみながらのエコドライブをおすすめします」と閉校の挨拶がありました。

初めてみる、i MiEVに興味津々です。

「クルマの学校」終了後、参加者のみなさんがi MiEVを同乗体験。
「音も振動もなく乗り心地が良い」「軽ガソリン車より加速がスムーズ!」と驚きの声があがりました。

参加者の声 参加してみてどうでしたか?

運転姿勢や空気圧など、今日習ったことですぐにできることは実行したい。

これからは、環境にやさしく、周りのクルマにも良いスムーズな運転を心がけたい。

回転数を2500rpm以下に保つことが燃費によいと知り、あげないように注意したい。

※このイベントレポートは2008年6月28日現在の情報です。

 
(c)2007 Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.