このページではJavaScriptを使用しています。

MITSUBISHI MOTORS  トップページへ

クルマの学校

top

concept

school

lesson

drive


「クルマの学校」イベントレポート

今回の「クルマの学校」は京都三菱自動車販売の本社十条店で、
エコ編を行いました。
午前・午後の2回の講習で、合計21名の方が参加しました。

京都府京都市南区西九条菅田町15
TEL:075-662-7611

開校式。
京都三菱自動車販売小林第一営業部長より、開校のご挨拶。

まずは、講師の紹介です。
左から自動車生活ライター飯田裕子講師、「クルマの学校」熊沢校長、京都三菱自動車販売の戸田講師。

温室効果ガスとCO2による「地球温暖化のしくみ」を学びます。

電気自動車「i MiEV」(アイミーブ)に代表されるエコカー。燃費の良いクルマの開発。フロアマットなどに使用されている環境に配慮した新素材など、CO2排出量を減らすための三菱自動車の取組みを紹介します。

続いて、走行中のCO2排出量がゼロのi MiEVについての説明です。

CO2排出量は電力会社での発電時を含めても、同クラスのガソリン車のわずか3割なんです。

座学の後は、実際にi MiEVにふれてみます。「家庭用のコンセントを使用し、100Vで14時間、200Vで7時間で充電ができます」と戸田講師。


i MiEVの試乗では「静かなのに加速がスムーズ。重厚感があり、まるで高級車に乗っているよう」と驚く参加者のみなさん。

エコにつながる「運転姿勢」の講習です。

「デリケートなペダル操作をできる姿勢が大切」と飯田講師。

運転操作による燃費の違いを、計測器を使って比べてみます。

ほぼ同じ平均速度でも、常にアクセルかブレーキを踏んでいるような運転に比べ、丁寧なアクセルコントロールをするエコドライブでは消費したガソリンが80ccに対してエコドライブは40ccと約半分の燃費で走行できました。

デモ走行を同乗体験した方は「エコドライブはクリープ現象や惰性走行をうまく使っていて、乗り心地も良かった」。
運転した熊沢校長から「燃費の違いは、アクセルを踏んでいる時間の差、スピードにのったら少しでもアクセルを踏む時間を短くしましょう」とアドバイスがありました。

ほとんどの方が初めてだった「発炎筒体験」。

発炎筒は事故のとき、後続車に知らせるための大切な役割をします。一度体験しておけば、いざというときも安心ですね。

講習の最後はペーパーテスト。

参加者みなさんで意見交換しながら答えを出していくのが「クルマの学校」の特長です。

参加者の声 参加してみてどうでしたか?

エコドライブについて、今まで「走行前に暖機運転をしていた」など
勘違いしていたことがたくさんあった。今後の運転に役立てたいです。

実際に電気自動車にのってみて「クルマって夢があるんだな」と思いました。

車を運転するときの意識が変わりました。エコドライブを心がけたいと思います。

目で見たり聞いたりするのも新しい発見や再認識ができるが、
自分で体験することはあとになっても覚えていると思う。
発炎筒はよかったです。

※このイベントレポートは2008年9月23日現在の情報です。

 
(c)2007 Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.