このページではJavaScriptを使用しています。

MITSUBISHI MOTORS  トップページへ

クルマの学校

top

concept

school

lesson

drive


「クルマの学校」イベントレポート

今回の「クルマの学校」は京田辺市で、
エコドライブ編を行い、午前の部・午後の部合わせて
16名の方が参加しました。

京都府京田辺市三山木東角田10
TEL:0774-62-2684

今回の講師は、「クルマの学校」熊沢校長(中央)と、京都三菱自動車販売の山本講師(右)と玉川講師(左)でした。



最初は座学からスタート。
「地球温暖化の仕組み」
「日本のCO2排出量(世界で4番目)」
「家庭からのCO2排出量は、全体の約2割。その内約3割がマイカー」
など、一人一人の心がけとエコドライブの必要性に納得。

正しいドライビングポジションは、エコドライブにもつながります。デリケートなアクセルワークがポイントです。

講師の運転に同乗して、エコドライブ走行を実際に体験。普通の走行での燃費が6.45km/Lのコースで、エコドライブ走行での燃費は、なん10.57km/Lでした。ポイントはなんといっても早めのアクセルオフによる惰性走行です。

いよいよ電気自動車i-MiEVを体感。
「貴重な体験でした!」とみなさん大喜び。静かさ、パワフルさ、軽快さの3拍子が揃って、「高級車のような乗り心地にびっくり!」の方も。

いざというときのための、発炎筒体験。やってみたことのない方がほとんどで、人気の高いカリキュラムです。

みなさん久しぶりの(?)ペーパーテストで、しっかり勉強。みんなで意見交換をしながらの答え合わせが「クルマの学校」流です。

講義終了後、参加者の方のご要望にお応えして、「車庫入れ」と「縦列駐車」の講習。コツを覚えたら思ったよりずっと簡単にできました。

参加者の声 参加してみてどうでしたか?

話題の車i-MiEVに乗せていただきありがとうございました。

このような活動をしていることは、今回初めて知りました。
継続開催が企業イメージアップにもつながると思います。

役に立ちよかったです。

i-MiEVの試乗は、とても貴重な体験でした。

講習もとてもわかりやすかったです。ありがとうございました。

安全もエコも意識しないとダメだと良くわかった。

EVの開発と普及に期待しています。

教習所では習わなかったことや、
教えてもらったことと違うことなどあり、よかったです。

とても勉強になりました。ありがとうございます。

メンテの方、営業の方、先生とそれぞれECO、
安全に関する考え方が異なっているのが面白かった。
絶対正解というのが無いのがわかった。

※このイベントレポートは2009年9月6日現在の情報です。

 
(c)2007 Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.