このページではJavaScriptを使用しています。

MITSUBISHI MOTORS  トップページへ

クルマの学校

top

concept

school

lesson

drive


「クルマの学校」イベントレポート

今回の「クルマの学校」は松任店で、
7名の参加者を集めて行われました。

石川県白山市倉光1-157
TEL:076-274-7768

開校式では、参加者みなさんの自己紹介と学びたいことを発表します。

最初のプログラムは「日常点検」。エンジンオイルを確認します。オイルレベルゲージに付着する液量がゲージの適性範囲内(MAXとMINの間)ならOKです。

クルマと地面をつなぐ重要な役割を持つタイヤも、点検では大切なポイントです。溝の深さをスリップサインなどで確認します。

ゴムが傷んでいると、ワイパーを作動させたときにスジ状の拭き残しができ、視界が悪くなります。ワイパーは1年に1回の交換がおすすめです。

リフトアップしてのクルマの下部の説明です。クルマの下回りにはブレーキや油圧ホースなど多くのライフラインがあります。異常を感じたら、すぐディーラーに見てもらいましょう。

「タイヤ交換」では、ジャッキの使い方に戸惑いますが、講師の指導でコツを覚え無事交換できました。

発煙筒の着火体験。使い方を知っておけば緊急時に役立ちます。いざというときは迷わず使いましょう。

午後のプログラムは「車庫入れ」からスタートです。
「車庫入れ」のポイントは左のミラーを上手に使うこと。一つひとつの動作を、実際に運転して覚えます。

ハンドルを操作するポイントを覚えてしまうと、簡単にできる「縦列駐車」。講師とともにポイントを確認します。

講習の締めくくりは、参加者みなさんで意見交換しながら答えを出します。クルマの学校の特徴です。

参加者の声 参加してみてどうでしたか?

講習内容でよかったものの順位をつけるのが難しいくらい、
すべての講習が楽しく勉強になりました。
やさしく教えてくださって、本当にありがとうございました。

楽しくて、何度でも来たいくらいでした。
一日があっという間で。充実した一日でした。

免許取得後、間もないので大変勉強になった。とても感謝しています。

点検、タイヤ交換など自分でできるようになって嬉しいです。

※このイベントレポートは2007年10月21日現在の情報です。

 
(c)2007 Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.