このページではJavaScriptを使用しています。

MITSUBISHI MOTORS  トップページへ

クルマの学校

top

concept

school

lesson

drive


「クルマの学校」イベントレポート

今回の「クルマの学校」は松山宮西店で、
11名の参加者を集めて行われました。

愛媛県松山市宮西2-3-35
TEL:089-925-2121

開校式。岡井店長の挨拶のあと、参加者のみなさん一人ひとりの自己紹介と、学びたいことの発表です。

安全運転にはかかせない「日常点検」。エンジンルームを見るのは初めてという方もいましたが、みなさんで相談しながら確認していきます。

今回一番の人気メニュー「日常点検」のポイントを、「クルマの学校」校長の熊沢講師が詳しく解説しました。

タイヤの点検について説明です。タイヤは走行にもっとも直接的な影響を与える部分。日ごろからの点検を心がけましょう。

初めての方も多かった「タイヤ交換」。手順を覚えてしまうと簡単にできます。

参加者一人ひとりが「車庫入れ」「縦列駐車」に挑戦。コツは、ミラーの使い方にあります。ミラーの使い方を学び、スムーズに駐車できました。

今回の講師は左から熊沢講師、西日本三菱自動車販売の川本講師・須山講師、ラリーアート赤木講師でした。

参加者の声 参加してみてどうでしたか?

受講する前は、時間が長いと思っていましたが、終わってみると短く感じて、
内容も役に立つことばかりで、受けてよかったと思います!
今回誘って来られなかった友だちも、次回は誘いたいと思いました。

運転姿勢やハンドルの持ち方、バックするときのポイントなど、
改めて勉強になりました。至れり尽くせりのサービスにも感謝感謝です。
ありがとうございました。来て本当によかったです。

自分でもエンジンルームをあけて「日常点検」してみようという気になりました。
楽しくてとてもわかりやすかったです。ありがとうございました。

今まではあまり考えることもなく、乗れて走れればいいという考えだったのが、
あまりにも知らないことが多く、これからもっと意識しなければいけないと思いました。
とてもいい勉強になりました。

「車庫入れ」「縦列駐車」の基本的な操作の仕方を知っていると知らないとでは、
大きな違いがあり、時間と労力のムダをなくせます。
発煙筒も実際に体験できてよかったです。テストの解答と説明も勉強になりました。

免許取得のときに勉強したことだけど、当時は運転の方に意識がいっていて、
身についていませんでした。
今回はゆっくり教えていただき、ありがとうございました。

※このイベントレポートは2007年10月14日現在の情報です。

 
(c)2007 Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.