このページではJavaScriptを使用しています。

MITSUBISHI MOTORS  トップページへ

クルマの学校

top

concept

school

lesson

drive


「クルマの学校」イベントレポート

今回の 「クルマの学校」 は目黒店で、
9名の参加者を集めて行われました。「今日一日頑張るぞ!」

東京都目黒区鷹番1-4-7
TEL:03-3714-3213

開校。みなさん緊張した雰囲気のなか、運転歴、今日勉強したいことや、運転で困っていることなどを交えての自己紹介です。「同じ悩みを持っている人がいて一安心」

2班に分かれて「クルマの点検」エンジンオイル、バッテリー、ウィンドウウォッシャー液、ラジエータ液、ワイパー、タイヤを点検していきます。知らないことが多かったけれど、テスト後の答え合わせで「なるほど!」

タイヤ交換にチャレンジ。「ここがジャッキアップポイントです」講師のやさしい指導に「思ったより簡単にできました」

リフトアップしてクルマを下から覗くと・・・「クルマの下ってこうなっているんだ!」「クルマの下にも大切な部品があるので、こすった時は、ディーラーで見てもらってください」と竹岡講師。

みなさん初めての発炎筒体験。「いざというときは迷わず使いましょう」

みんなでランチの後、午後のメニュー開始。「車庫入れ」、「縦列駐車」などの操作をまずは「頭で」学びます。

続いて実技講習の開始!今回の講習では一番人気のあった「車庫入れ」と「縦列駐車」。ポイントを講師のデモ走行で確認します。

いよいよ自分の運転でチャレンジ!「縦列駐車は意外と簡単でした」

狭い道で対向車に出会ったら・・・「狭路すれ違い」の講習です。ポイントはまず通れるかどうかの判断。次に見えない助手席側ではなく、目視できる運転席側に意識を集中して幅寄せしていくことです。

ペーパーテストとその答え合わせ。その後、運転のマナー、環境運転、クルマの安全機能などについて、みんなで話し合いながら学びました。開校の時とは一転、みなさん笑顔で、会話もはずみました。

今回の講師は東京三菱自動車販売の諸橋さん(左)と野瀬さん(右)、応援講師のモータージャーナリスト竹岡圭さん(中央)でした。

参加者の声 参加してみてどうでしたか?

●有意義な一日でした
クルマに慣れることが一番だと思いますが、ちょっとしたポイントやコツを覚えていると実践に役立つと思います。自分が正しいと思っていたこと、何気なくやっていたことも違うということを理論で説明してもらってわかりました。ありがとうございました。有意義な一日でした。

●クルマが身近になりました
とても楽しく運転することが楽しくなるような内容でした。これをきっかけにペーパードライバーをぬけ出したいです。タイヤ交換やクルマの仕組みを知ることで、クルマが身近になりました。

●とても楽しかったです
私は昨年末に教習所を卒業したばかりですが、教習所で習わない実践的な車庫入れなどを教えていただいて、とても勉強になりました。とても楽しかったです。

●早速今日帰って乗ってみようと思います
日本に帰国してハンドルを握るのが、車庫入れが苦手で運転していなかったのですが早速今日帰って乗ってみようと思います。わかりやすい指導ありがとうございました。

●慣れることも大事ということがよくわかりました
ありがとうございました。苦手な車庫入れもわかりやすくポイントを教えていただきまして、これからの運転にとても役立つものとなりました。月に数回ではなく、週に数回クルマに乗るように心がけたいです。習うことも大事ですが慣れることも大事ということがよくわかりました。

●かなり緊張しました
本日はありがとうございました。15年ぶりにハンドルを握り、かなり緊張しましたが楽しかったです。クルマが納車されたら是非今日のレッスンを実践して運転できるように頑張りたいと思います。

●感覚だけでなく理論的
とても楽しく参加することが出来ました。このようなイベントを開催されていることを今まで知りませんでした。感覚だけでなく理論的にドライブテクニックを教えていただけてよかったです。どうもありがとうございます。

●少し勇気が出ました
今まで車がこわくてさわれないという感じでしたが少し勇気が出ました。

※このイベントレポートは2007年4月8日現在の情報です。

 
(c)2007 Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.