このページではJavaScriptを使用しています。

MITSUBISHI MOTORS  トップページへ

クルマの学校

top

concept

school

lesson

drive


「クルマの学校」イベントレポート

6月1日(日)初夏を思わせるような、快晴の中、第3回「クルマの学校」スポーティードライビングコースが行われました。クルマの基本操作や、最新装備の機能や正しい使い方を学ぶプログラムです。開催場所は、クルマ開発の現場である技術センターテストコース。約180名の応募の中から抽選で選ばれた24名の方が、受講しました。

愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地
MAP>>>

生産ラインの見学を
グループ単位で受付中です。
クルマづくりの現場に触れて見ませんか?

お申し込み・お問合せは
岡崎総務まで
TEL:0564-31-3100
(9:00~12:00、14:00~17:00
土日と年末年始・GW・夏季連休日などは
お休み)

●車両点検
講習前に、車両点検を行います。エンジンオイル、ブレーキオイルなどの油量やタイヤの空気圧、溝の残量など、参加者のみなさん自ら、17項目に及ぶ点検をインストラクターと共に確認します。

●開校式
「クルマの学校」熊沢校長からの挨拶につづき、田村コースディレクターより、技術センターの開発ドライバーであるインストラクターのみなさんの紹介です。

●講義
正しいドライビングの基礎知識や走行のメカニズム、実際に、参加者のクルマにある機能の解説などを学びます。

●ドライビングポジションの確認
実技の前に、正しいドライビングポジションを確認します。正しい運転姿勢は、安全運転の基本です。また、スポーティーな走行にも効果的です。

●実技1 正確な運転操作
3チームに分かれて、実技講習開始です。ジムカーナ形式のコースでは、正確な運転操作による、安全な運転を習得します。「ブレーキは早めに。アクセルは踏み込み過ぎないように。もう一つ先を見て運転しましょう。」同乗するインストラクターのアドバイスを受けスムーズな運転操作を身につけいていく参加者のみなさん。

●実技2 加速と制動
全開加速後120km/hからのフルブレーキを体験し、すばやく確実なブレーキ操作を習得します。「体験しておくことで、いざというとききちんとブレーキを踏むことができ、避けられる事故もあります」と、インストラクター。

●実技3 ABS体験
滑りやすい路面上(スキッドパッド)で、車両コントロールとABSの効果を体感します。「ABSが装備されているクルマと、そうでないクルマの比較体験ができ、違いが良くわかった」と参加者のみなさん。

●同乗走行
インストラクターが運転するランサーエボリューションに同乗し、窪みや轍、石畳、補修舗装路などあらゆる路面を再現した、実際の車両開発で使用するテストコースを体験。高速周回路ではバンクでの走行も体験しました。

●テストコースツアー
インストラクターの先導でテストコース走行を体験します。高速周回路、アップダウンやあらゆるRのコーナーを複合したハンドリング路など、普段体験することの出来ないコースを自らの運転で楽しみました。

●衝突試験見学
56km/hからの衝突試験。「予想以上の衝撃だったけど、クルマが強く、車内は守られていた。でも、実際は見たくも、体験したくもない。」と参加者のみなさん。

●昼食
技術センター内の食堂で昼食です。昼食後はオートギャラリーを見学。競技車、エポックメイキングカーなど、三菱自動車の歴史がわかる多数のクルマが展示されています。

●電気自動車 i MiEV(アイ ミーブ)同乗試乗
昼食後には、新世代電気自動車「i MiEV」の試乗会もありました。「乗り心地もよいし、思っていた以上の加速にびっくり」と参加者のみなさん。

●インプレッションミーティング
講習の最後には、参加者一人ひとりへ、修了証の授与がありました。「みなさん、クルマの扱い方が丁寧になり、スムーズに走行できるようになりました」と田村コースディレクターから総評がありました。

「交通事故の半数は、安全運転への意識が欠けていることが原因で起こります。限界を体験することで、その後に起こることがわかるようになり事故をおこさないという、意識が高まります。今日の体験を活かし、一般道路では模範になるような運転を心がけてください。」と田村コースディレクター。

「自分の技量を知り、高めていくことは、安全に対する意識が高まり、家族や大切な人を守ることにつながる、とても大切なことです。今後も、このような場を提供していきますので、是非、参加してください。」と布野講師。

インストラクターの方のアドバイスで、
むだなく的確なハンドル操作とブレーキングが行えるようになり、
速く走ることができるようになった。

これからは、今日教わったことを反映し、
スポーティーカーの機能を活かして走りたい。

街中では体験できない、走行やフルブレーキが体験できて、
非常に充実した時間だった。
インストラクターの方の教え方も上手で、勉強になりました。
ありがとうございました。

インストラクターの方のアドバイス通りに走行したら、
自分のクルマとは思えないほどだった。

素晴らしい設備で走行できて、楽しかった。

※このイベントレポートは2008年6月1日現在の情報です。

 
(c)2007 Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.