このページではJavaScriptを使用しています。

MITSUBISHI MOTORS  トップページへ

クルマの学校

top

concept

school

lesson

drive


「クルマの学校」イベントレポート

今回の「クルマの学校」は中部三菱自動車販売の大垣店で、
初級編を行い、10名の方が参加しました。

岐阜県大垣市小泉町297
TEL:0584-81-1241

開校式。
講師の紹介と参加者のみなさんの、本日学びたいことについて発表です。

安全にかかせない、「日常点検」。
3チームに別れ、みんなで協力しながら点検します。

リフトアップして下からクルマの仕組みを勉強します。ブレーキやサスペンションなどの確認です。

続いて、クルマの「死角」を確認します。

クルマの両サイドにはミラーでは見えない部分があります。ここを、こどもが自転車で走行していると気づきにくいですよね。見えない場所は「何かあるかもしれない」と気にして運転しましょう。

トラブル発生を周囲に知らせる「発炎筒」の体験。
いざというときに戸惑うことなく使えるように手順を覚えましょう。

毎日クルマに乗っているというベテランの方も含め要望が多かった、「車庫入れ」の講習です。

左ミラーを上手に使うことがポイントです。

ハンドル、ブレーキ、シフトレバーの各操作を独立させてひとつずつ順番に行うことで、驚くほど簡単にできました。

続いて、「狭い道でのすれ違い」です。
通過できると判断したら、見えにくい路肩より目視できる運転席側に幅寄せし、ゆっくりと走行しましょう。

講習の締めくくりは、ペーパーテスト。
参加者みなさんで意見交換しながら答えを出します。

閉校式。 大垣店 鈴木店長より閉校のご挨拶がありました。

今回の講師は、クルマの学校熊沢校長と大久保講師に加え、大垣店 田中講師と松岡講師でした。

参加者の声 参加してみてどうでしたか?

車庫入れや縦列駐車などのコツを教えていただき参考になりました。

家に帰ってからも「クルマの学校」テキストを参考に復習したいです。

丁寧に教えていただき、楽しく受講することができました。  
知らなかったことがたくさんありとても勉強になりました。

これを機に、今後クルマに乗る機会を増やし
今日学んだことを活かして行きたいと思います。

※このイベントレポートは2008年10月22日現在の情報です。

 
(c)2007 Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.