このページではJavaScriptを使用しています。

MITSUBISHI MOTORS  トップページへ

クルマの学校

top

concept

school

lesson

drive


「クルマの学校」イベントレポート

今回の「クルマの学校」は岡山店で、
岡山市老人クラブ連合会のメンバーを招いての特別篇。
11名の参加者を集めて行われました。

岡山県岡山市今1-10-28
TEL:086-241-1132

岡山支社岡山店スタッフがみなさまのご来店をお待ちしております!
お客様に素敵なカーライフをご提案できるよう、
スタッフ一同ご来店をお待ちしております。

開校式。中田支店長の挨拶です。

自己紹介と、本日学びたいことについて発表です。
「駐車するとき、意識していてもクルマが斜めになってしまう」「視野が狭くなってきた」と参加者のみなさん。

安全運転にかかせない「日常点検」。ボンネット内や、タイヤの空気圧などみなさんで確認します。

ABS(アンチロックブレーキングシステム)、CVT(無段階変速機)、ASC(横滑り防止装置)など、最近のクルマに搭載されている安全に役立つ機能の説明。

死角になりがちな場所を、ノーズビュー&左サイドビュー&リヤビューモニターで確認。

「これなら子どもがクルマの周りで遊んでいても、すぐわかるね」

みなさん初めての体験だった「発炎筒体験」。

「これからは、いざというとき進んで使います」

昼食。ご自分の愛車に搭載されている機能の質問など、会話がはずみます。

「運転姿勢」の確認です。シートやヘッドレストを合わせることで、視野を確保し危険を早く発見できます。

続いて「死角」の確認です。運転席からは見えない場所が多いことに、みなさん驚きを隠せません。

実際のT字路の写真を使って「危険予知」の講習。一時停止をする位置、気をつける点をみなさんで話し合います。

運転シミュレーターを使っての急ブレーキ体験。「ブレーキを踏むまでの反応がおそくなっている」、「脚力低下を感じる」と参加者のみなさん。

「次に起こり得ることを予想し、早めのブレーキを心がけましょう。危険を予知することが大切です」

講師の運転するクルマで「市街地走行」を体験。普段よく通る道の危険な場所を確認します。

みなさん苦手という「車庫入れ」。ポイントを講師の運転で確認します。

講習の最後はペーパーテスト。
今回学んだことを話し合います。

今回の講師は左から「クルマの学校」校長の熊沢講師、モータージャーナリスト竹岡講師でした。

参加者の声 参加してみてどうでしたか?

普段気をつけているつもりでも、確認していない点があることに気づいた。

これからは、余裕を持って運転するように心がけたい。

運転姿勢など自己流になっているのに気づいた。

非常に参考になりました。今後気をつけて運転したい。

※このイベントレポートは2008年6月18日現在の情報です。

 
(c)2007 Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.