このページではJavaScriptを使用しています。

MITSUBISHI MOTORS  トップページへ

クルマの学校

top

concept

school

lesson

drive


「クルマの学校」イベントレポート

今回の「クルマの学校」は三条店で、
7名の参加者を集めて行われました。

新潟県三条市下須頃字野中935
TEL:0256-33-2131

開校式。ラリーアートインストラクターの小暮講師と、モーターライフジャーナリスト大久保講師の挨拶に続き、参加者みなさんの自己紹介と意気込みの発表です。

安全で快適なカーライフにはかかせない、「日常点検」の講習。

小暮講師の「日常点検」の解説を、真剣に聞く参加者のみなさん。これからは、愛車の点検も一人でできそうです。

続いては「タイヤ交換」です。
講師の説明のあと、一人ずつ実践します。初めて扱うジャッキに戸惑いながらも、上手に交換ができました。

「クルマの学校」ならではの体験の一つ。リフトアップして下からクルマの仕組みを勉強します。ブレーキやサスペンションなどの確認です。

トラブル発生を周囲に知らせる「発煙筒」の体験。いざというときに戸惑うことなく使えるように手順を覚えましょう。

「エアバッグ講習」。
実際にエアバッグが開くのを見るのは初めてだったというみなさん。開く衝撃に少しびっくり。エアバッグは、あくまでもシートベルトの補助装置です。必ずシートベルトを着用しましょう。

午後の講習は、「クルマの学校」で人気の高い「車庫入れ」からスタートです。左のミラーを有効に使うとスムーズにできます。確認するポイントを覚えましょう。

苦手意識を持つ方が多い「縦列駐車」ですが、確認の手順を覚えれば驚くほど上手にできました。

こすりそうでハラハラしてしまう、「狭路すれ違い」。今日の講習で「自信がつきました」とみなさん。

講習の最後はペーパーテストです。全員で安全運転への意識を再確認します。

参加者の声 参加してみてどうでしたか?

以前クルマをぶつけてしまってから、
運転に苦手意識をもって避けていたのですが、
狭路すれ違いのコツを学ぶことができたので、
これからは事故に気をつけながら、
楽しく運転をしてみたいと思うことができました。

普段、自分でクルマの点検もしたことがなく、
ただなんとなく乗っていたけど、仕組みが良くわかりました。

毎日運転するので、明日からでも役立つ縦列駐車などためになりました。
スタッフの方々も、わかりやすく指導してくださって良かったです。
ありがとうございました。

とても楽しかったです。これからは、今以上に安全運転を心がけたいです。
スタッフのみなさんありがとうございました。

※このイベントレポートは2007年6月24日現在の情報です。

 
(c)2007 Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.